カートをみる マイページへログイン ご利用案内・お支払い・送料 お問い合せ サイトマップ
RSS

☆☆  お買いあげ ¥5,400円(税込み)以上で = 全国・送料¥300円 

________________(荷姿160以上の商品、
沖縄・北海道、及び離島を除きます)

☆☆  お買いあげ¥10,800円
(税込み)以上で = 全国・送料無料!!
________________(荷姿160以上の商品、沖縄・北海道、及び離島を除きます)

 
 

2017年 せにょ〜るのバス釣り/その他





2017年7月15日(土)

「キビレゲーム」

7月20日 更新





2017年7月9日(日)

「癒しの旅」

7月12日 更新





2017年7月2日(日)

「完敗」

7月4日 更新





2017年6月24日(土)

「まさかの・・・」

6月25日 更新






2017年6月18日(日)

「そろそろ・・・」


6月19日 更新





2017年6月9日(日)

「我慢できず・・・」


6月13日 更新




2017年5月28日(日)

「ありえへん!」


5月28日 更新




2017年5月20日(土)

「やっぱり旧吉」


5月22日 更新




2017年GW後半

「ボロボロ」





2017年GW前半

「癒される〜!」





2017年4月22日(土)

「過去最遅」





2017年4月15日(土)

「増水まくり」





2017年4月上旬

「花見」





2017年3月19日 

「やっとこさ」





2017年3月11日 

「調査」





2017年2月19日 

「清掃活動と・・・」





2017年1月22日 

「ここはこれ」





2017年1月7日&9日 

「ブルーカレント」



2016年レポートはこちらです

2015年レポートはこちらです

2014年レポートはこちらです

2013年レポートはこちらです

2012年レポートはこちらです

2011年レポートはこちらです

2010年レポートはこちらです


旧吉野川のブラックバス釣りサイトです。
地元のロコアングラーが旧吉の釣果を速報します。

JB top50などでも


トーナメントが行われているメジャーフィールドで、

バスのコンディションも良く、アベレージサイズも強めの釣り方をすれば40cm以上になります。

徳島県内では、35cm以下は小バスと言ってよいほど、40up率が非常に高いフィールドです。






旧吉野川初心者の方へ

旧吉の攻略法と特性


徳島県のブラックバスファンは、ほとんどの人が知っていますが、

旧吉野川の攻略の一番大きなポイントは、


河口堰の開閉によって水位が変動する日に釣りに出かけることです。

水位が下がるときにバスの活性も高くなりやすく、非常に釣りやすくなります。



ボートの場合は「下げはじめ」が、かなり良くなります。

開閉がある日は、全体的に良くなり、
ハードルアーなどでテンポ良く回って、
楽しい釣りを展開できるでしょう。



「おかっぱり」の場合は、
下げはじめだけでなく、
下げきっても良く釣れる場所もあり、
こちらもラン&ガンでいろいろなポイントを回ってみることが
好釣果につながります。



旧吉野川でのバスフィッシングで一番重要な点は、

下記のサイトのPDFより赤いラインの変動が大きい日

選んで釣行してみてください。

・2日間 水位の下がる日
・3日間 停水日
  になることが多いです。


開閉時間は、
独立行政法人旧吉野川河口堰管理所
右の潮位表のバナーをクリックすると

PDFにて、
水が動く日か動かない日か詳しくわかります。

県外から徳島へ遊びにこられる方は、事前に良い日を選んで、お越しください。

旧吉野川での釣り方 「3つのポイント」
ポイント 1

水門を探す
まず下流域(JB top50などで使われるエリア)では。水門を探してみましょう。水門の付近は水が動きやすく、水が動くところにバスも付いています。旧吉野川では、バスは頻繁に入れ替わります。とにかく、釣れなければどんどん動いてみてください。水門に、ゴミやウォーターレタス(ホテイアオイ)が溜まったりしているとチャンスになります。
ポイント 2

反転流を探す
中流域や上流域(JB top50やNBCチャプターエリアより上流域)では、水門やインレットの周りには反転流ができやすく、流れが反転して緩やかになっている場所にバスが付きやすいです。反転流を探して、その付近のストラクチャーやカバーを狙うと良いでしょう。
ポイント 3

大きなワームを使う
ハードルアーで流す
ワームの場合は、6インチ前後でもぜんぜん平気です。
また、ハードルアーで、一箇所にとどまらずどんどん流していきましょう。ラン&ガンで、その日の良いエリアや良い条件のストラクチャーやカバーを探すことが重要です。
ボート釣り

旧吉は、レンタルボート店がほとんどありません。ほぼ皆さん自分のマイボートを持ち込んで、釣りをされています。非常に強い風の時以外は、ジョンボートでも釣りはしやすく、結構お手軽に楽しんでいる方が沢山いらっしゃいます。

ゴムボート等の場合でも、下流域であれば、まず問題なく釣りを楽しめます。
中流域から上流域は流れが速く、エンジンがないと釣りになりません。

ただ、カヤックは結構流れに強く、急流でも上流に昇れたりできます。

最近、カヤックフィッシングが流行っています。
旧吉の下流で、
カヤックで優雅に釣りをしてみませんか?

ゴムボートやカヤックの写真

カヤック

記事を書いていただいてる方のご紹介。

給与し 旧吉 旧吉野川

サンラインフィールドテスター

「せにょ〜る」こと川田です。


「せにょ〜る」を知らない方のために
 簡単な自己紹介を・・・。

徳島生まれ徳島育ち、生粋の阿波っ子です!
サラリーマン(営業)をしながら、
市内でひっそりと暮らしています。


基本的に一年中バスを釣りますが、
気が向いたらキビレやシーバス、エギング
なんかにも出かけます。
(冬はこっそりヤエンもやってます・・・)


基本的なスタイルは元トーナメンターですので、
オールマイティーにこなしますが、
特にハードルアーでの釣りと
ジグ・テキサスの釣りが大好きです!